1人で赴任する時の引越し

積み木と人形

布団とカーテンを忘れない

家族と別れて単身赴任する場合、上手に引っ越しをするポイントがあります。まず会社の用意した寮やアパートへ単身赴任する場合、事前にどのような家具や電化製品が備わっているかを確かめることが大切です。事前に確認しておけば、引っ越しの時に運ばなくてすみます。もし会社の寮やアパートなどが用意されていない場合は、最低限必要な家具や家電製品や雑貨類などを持っていく準備をします。例えば引っ越した当日に必要な電化製品としては電気釜、冷蔵庫、掃除機などがあります。その他の家電製品は引っ越してからゆっくり探した方が、色々と選んで購入できます。また単身赴任で必ず持っていく必要があるのが布団です。引っ越し当日から布団やマットレスは使いますので、引っ越し荷物の中に入れておきます。意外と忘れがちなのが部屋のカーテンです。これも会社が用意した寮やアパートならカーテンがすでに付いていますが、そうでない場合は自分で用意しておく必要があります。カーテンがないと夜などは外から丸見えになるので必須です。長期間に渡る単身赴任の場合は、世帯主の変更届けを役所に提出しておきます。1年以内の単身赴任なら変更する必要はありませんが、それ以上の期間なら変更しておいた方が何かと便利です。もしも引っ越し先の部屋にインターネット回線が引かれていない場合は、引っ越し前にプロバイダ契約をして、引っ越した日から使えるようにしておきます。インターネットは仕事でも使うので、早めの申し込みが必要です。

メンズ

新生活を送るための準備

単身の引っ越しには、様々なプランがあります。引っ越し業者が選ばれる理由として、料金体制が明確であり、知り合いに頼んだ時のような気遣いはいらないことです。自分に合った引越し業者を選ぶには、何件か見積もりをとってもらい、サービスを比べてみることです。引越しが無事にできれば、安心して新生活を始められます。

ダンボール

効率よく運搬しましょう

引越し準備は効率よく行いましょう。事前に破棄できるものは処分を行い、引越しコストを軽減させたり、業者から梱包材をレンタルすることで食器などの割れ物を効率よく運ぶことができます。大型家電の設置は専門の業者へ事前に依頼しておくとスムーズに行ってくれます。

作業員

転居を行なう時の必要事項

引っ越しが決まったら、まずは子供の学校の手続きを優先させます。必要な書類を揃えてもらうためにも担任である教師に報告しておきましょう。転居先の学校は慎重に決めます。また、転出届は、引っ越しを行なう前に提出しておきましょう。