転居を行なう時の必要事項

作業員

引っ越しすると必要な手続きがたくさんあります。最優先するのは子供の学校です。引っ越しが決まったら担任の先生に報告し、必要な書類を揃えてもらいます。転居先の学校をきちんと調べて決定します。通学してからは転校が難しいからです。給食費の引き落としの手続きも忘れないようにします。引っ越し前に市役所で転出届を提出します。電気、ガス、水道、新聞配達、電話の使用停止と清算を依頼します。電話やネットでも出来ます。引っ越し当日に電気、水道が使えるように手続きをしておきます。ガスの開栓には立ち合いが必要です。インターネットの手続きは待たされることもありますので、早めに行います。引っ越し後に市役所に転入届を提出します。マイナンバーカード、印鑑登録、児童手当の受け取り、国民健康保険や国民年金の受け取りも同時に行います。警察署で運転免許証の住所変更を行います。銀行口座、クレジットカードの住所変更はネットでも出来ますので、慌てなくても良いでしょう。住所変更の際に住民票が必要なこともありますので、転入届を提出する際に取得しておくと便利です。友人、知人には住所が変わったことを連絡します。郵便局に転送届を提出しておくと、一年間、旧住所あての郵便物を転居先に転送してもらうことが出来ます。通信販売を頻繁に利用している人は登録の住所を変更するのを忘れないようにします。荷物が出荷された後で住所を変更するのはとても手間がかかるからです。